太陽光発電のパネルの寿命ってどのくらいあるの

実家の両親が高齢のため、築10年程のバリアフリーマンションに引っ越しをして1年になる。世帯数が100を超えるマンションなので、大型マンションだ。

太陽光発電 仙台はこちら

住人も高齢だが、マンションも築10年となると少しずつガタが出始める。マンションによっては築10年目に大規模修繕をするくらいだから、個々の部屋にちょっとした問題が出てくるのはあたりまえのことだと言えるだろう。両親の部屋もキッチンの水栓がガタついていることと、コンロの火の形がいびつなことが心配だ。また、お湯の温度にムラがあることから、ガス給湯器も少し悪くなっているかもしれない。コンロは近々、ガス会社が提案しているリース契約に替えようかと思っているのだが、ガス給湯器の交換はかなりの高額になる。マンションに引っ越してくる前に都心の一戸建てを売却してきているので両親にはまだ十分な蓄えがあるが、この先どれだけ長生きするかわからないのでお金は大切に使わなければならない。

ヤマダのオール電化-オール電化|ヤマダ電機

それでもマンションは全体の修繕をマンション全体で考えるので1人1人の負担は軽い。しかし私の自宅は一戸建てなので、修繕については自分で考えなければならない。木造建築の我が家はマンションとは比べ物にならないくらいあちこちガタがきているだろう。この際だから前から気になっている太陽光発電の導入も考えてみたいのだが、最初の導入費用が気にかかる。

自宅に設置した太陽光発電設備による余剰電力の売却収入|所得税目次一覧|国税庁

また、太陽光発電のパネルの寿命ってどのくらいあるのだろうか。私の周辺ではまだ太陽光発電を導入している知り合いがいないので、利用者の生の声を聞けていない。太陽光発電を扱っている業者からはいい話ばかりしか聞けないので、ここは慎重に調べようと思っている。