調剤薬局の未来

薬に関しての規制や法律が近年日本国内で目まぐるしく変わってきているのではないかと思います。それに伴って薬剤師に求められる要求と言うのも高くなってきていると思いますし、高齢化社会が進んでいることもあいまって、何かあったときに一時的に薬を飲むと言うのは無く、持病をかかえて常時複数の薬を飲んでいると言う人が増えてきていますので、薬と薬の飲み合わせに問題が無いかと言う事まで配慮する必要性が出てきています。

OTC医薬品--ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 コンシューマー カンパニー

このように複数の薬を飲んでいる高齢者の場合、ドラッグストアーなどで市販薬を買うのではなく、病院で処方箋をもらって調剤薬局に行っていろいろな薬を貰うのが多いと思います。そのことを考えると、今後の社会において、調剤薬局というものの存在は非常に大きな意味合いを持ってくるのではないかと思われます。



処方ミスなどはもちろん論外ですが、持ってきた処方箋だけで薬を出しても大丈夫かと言う事まで考えなくてはならないのも当然ですし、万が一他の病院で処方されている薬とのみあわせが悪いものがあったりすれば、命に関わる可能性もありますし、そういったことが一度でもあればその調剤薬局の存続にも影響を与えるのは言うまでもありません。

しかし、そうであればこそ、その存在理由は非常に大きくなっていくでしょうし、薬を飲む側からしても、自営だけではどうにも出来ない知識を、調剤薬局であったり、そこにいる薬剤師であったりというところへ依存せざるを得ないわけですから、少しでも身近であり、頼りがいのあるものへとなっていって欲しいものです。

薬物療法設計学[研究者の方向け] - 岡山大学薬学部

ついこの間までは病院内で薬が処方されていた実情を考えると、ほんの数年でここまで変わってきたと言うのは、すごい変化だと思いますし、これから先もっと多様な変化起こってくることのではと思いますから、その際には、消費者の立場としては、本当に調剤薬局で何でも相談できればという思いが大きくなります。その為には今から、かかりつけの調剤薬局を見つけておくと言うのも大切な事なのではないでしょうか。